コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > 新型コロナウイルス感染症 > 給付金 >住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金

トップページ > こんなときには > 助成・手当 > 福祉 >住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金

問い合わせ番号:16402-2573-6220 更新日:2022年3月15日

シェア

コールセンターへのお電話が集中し、つながりにくい時間帯がございます(主に午前中)。お時間を空けていただき、再度お電話いただきますようお願いいたします。

 新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、様々な困難に直面した方々が、速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、住民税非課税世帯等に対して、臨時特別給付金を支給します。

給付は、基本的に対象世帯の世帯主口座への振り込みとなります。

給付状況等、随時こちらのページでお知らせします。

支給対象・申請期限

(1)基準日(令和3年12月10日)時点で世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税である世帯。 注:生活保護世帯含む

(2)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、(1)の世帯と同様の事情と認められる世帯

※(1)、(2)とも住民税課税者に税制上の扶養を受けている者のみからなる世帯を除きます。

※申請期限は令和4年9月30日です。
※確認書の返送期限は、発送日から3か月以内です。

支給額

1世帯当たり10万円を支給します。

支給手続き

(1)基準日(令和3年12月10日)において世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税である世帯

給付対象となる可能性がある世帯へ確認書を送付しました(3/8現在16,246世帯)。必要事項を記入して、同封の返送用封筒で返送してください。

(ア)世帯の全ての方が、令和3年1月1日以前から現住所にお住いの場合
対象世帯への送付を完了しました。確認書のほか、記載例と返送用封筒を同封していますので、ご利用ください。
返送期限は、確認書発行日から3か月以内ですのでご注意ください。
・給付対象かどうか不明な場合や確認書が届いていないなどは、お気軽にコールセンター(0463-86-6470)までお問い合わせください。

注:1月27日付けの確認書は、給付先口座番号下二桁が誤って頭二桁で記載されております。お手数おかけして申し訳ありませんが、1月27日付けの確認書については、頭二桁と読み替えて口座番号をご確認ください。

(イ)世帯の中に、令和3年1月2日以降に転入した方がいる場合
対象世帯への送付を完了しました。確認書のほか、記載例と返送用封筒を同封していますので、ご利用ください。
返送期限は、確認書発行日から3か月以内ですのでご注意ください。
前住所地で収入未申告の転入者が世帯にいられる場合、確認書の送付対象ではありませんが、令和3年1月1日時点の住所地の非課税証明書を取得することにより、申請により給付を受けられる場合があります。
・給付対象かどうか不明な場合や確認書が届いていないなどは、お気軽にコールセンター(0463-86-6470)までお問い合わせください。

※1 確認書表面の支給口座を変更しない場合は、裏面の記載や書類添付はしないでください。不要な記載や添付がある場合、審査に日数がかかりますのでご了承ください。

※2 振込先口座に秦野市の水道料、市民税等の引落口座、児童手当等の振込先口座を指定する場合はその旨を記載することで、書類添付を省略できます。

※3 確認書の返送をいただいても給付要件を確認した結果支給対象外となる可能性があります。あらかじめご了承ください。

(2)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、(1)の世帯と同様の事情にあると認められる世帯(家計急変世帯)

申請が必要です。来所での事前相談等は予約制となります。

受付方法:コールセンター(0463-86-6470)へ電話予約

注:新型コロナウイルス感染症対策のため、時間ごとの人数を制限させていただきます。

参考:対象者判断のイメージ

令和3年1月以降の任意の
1か月収入×12月

注:所得は令和3年分の源泉徴収票又は年収換算から給与所得控除額、経費等を減額して算出

以上 家族構成例

非課税相当限度額(収入額ベース)

非課税限度額 (所得額ベース)

単身又は扶養親族がいない場合 100.0万円  45.0万円
配偶者・扶養親族(計1名)を扶養している場合 156.0万円 101.0万円
配偶者・扶養親族(計2名)を扶養している場合 205.7万円 136.0万円
配偶者・扶養親族(計3名)を扶養している場合 255.7万円 171.0万円
配偶者・扶養親族(計4名)を扶養している場合 305.7万円 206.0万円
障がい者、寡婦、ひとり親の場合 204.3万円 135.0万円

 注:障がい者、寡婦、ひとり親の場合、扶養人数が2名以上であれば、上表を使用。

給付状況

2月25日より給付を開始しました。

給付日 給付件数 給付件数累計
R4.2.25 2,457件 2,457件
R4.3.4 3,270件 5,727件
R4.3.10 3,035件 8,762件
R4.3.14 1,305件 10,067件
R4.3.22  1,765件  11,832件
R4.3.25    
R4.3.30    

※振込名義は、「ハダノシフクシリンジトクベツキユウ」で行います。
※金融機関によっては、振込が給付日から遅れる場合があります。
※到着順に給付審査を行い、結果の通知をお送りしています。
※提出から1か月以上を経過しても結果通知等、ご連絡がない場合は、お手数ですがコールセンター(0463-86-6470)までお問い合わせください。

特別な配慮を要する方への対応

配偶者等からの暴力を理由に避難している方であって、居住地に住民登録がない場合は、独立した世帯とみなす取り扱いが行われます。申請方法等は居住地の市町村にお問い合わせください。

問い合わせ先

福祉臨時特別給付金コールセンター 0463-86-6470
受付時間 午前9時から午後5時まで(土曜日、日曜日、祝日を除く。)

内閣府コールセンター(制度についてのお問い合わせ)

  • 電話番号 0120-526-145
  • 受付時間 午前9時から午後8時まで
    注:土曜日、日曜日、祝日を含む。 

 

このページに関する問い合わせ先

所属課室:福祉部 福祉臨時特別給付金担当
電話番号:0463-86-6470

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?